アパート経営で安定した収入を手に入れたいそのコツは【リスクを抑えることが大切】

集合住宅

安定した家賃収入のために

マンション

立地が悪いと空室になる

マンション経営は、安定した家賃収入を得られる投資です。しかし、誤った物件の選定をすると、リスクを高めてしまいます。リスクを高める物件には共通点があり、空室リスクにさらされる恐れがあります。安定して入居者を確保できるマンション経営を行うためには、不人気物件の共通点を知ることが重要です。空室になりやすい物件の1つ目の共通点が、立地の悪さです。買い物が不便、治安が悪い、小学校や中学校まで遠い、夜になると道が暗いなどは、入居者を確保できない立地です。生活の質が下がる要因は、空室になるリスクを大きく高めてしまいます。また、駅から遠いことも空室になりやすい物件の共通点です。特に都心回帰の流れが強まっている現在では、最寄り駅から徒歩7分以内であることが増々重要となっています。

清潔に保ちニーズを満たす

安定したマンション経営を損なう原因は、建物に魅力がないことも挙げられます。古臭い、汚い、おしゃれではないと判断されると、入居者を確保することが難しくなります。まずは、建物を清潔に保ち、嫌厭される原因を排除することが重要です。入居者ニーズを満たしていないことも、マンション経営ではリスクになります。単身世帯が増加している現代では、単身世帯のニーズを満たすことが重要です。また、ペットを飼いたいと考える方も増加しており、ペットに対するニーズも拾う必要があります。また、人口が増加しているエリアであることも重要です。人口の流出入数は、エリアによって大きく異なります。エリアの流出入数を調べ、流入数が多いエリアの物件を購入することが重要です。